ミラコFTW当日92♡美容室【着替え】

『お帰りなさいませ~』


あたたかく出迎えてくれる先生(美容担当さん)と、他の方々。


『ただいまです~』


『ブーケお預かりしますね』


『お願いします』

o0500037512696189818.jpg

あたしたちは中へ入っていった。


ドレスを脱ぐ。


ほんの数時間しか着ていないドレス。
お世話になりましたと心の中でお礼を言う。


o0500037512696189852.jpg

『着替え終わりましたら、こちらまでお願いします』

 
『はい』


ニッパーをとってもらったあと、先生は去った。


ふぅ~っと息が出た。


完食した料理。


締め付けられたニッパーが、実は苦しかった。
その呪縛から解放され、ほっと一息出る。


着てきた服に着替え、フィッティングルームから出る。


『お疲れ様でした』


化粧台に座る。


『髪はおまとめしますか?』


『お願いします』


二人がかりでささささ~と髪が解かれていく。

髪から出てきた黒い丸い塊が二個。

そうか、リボンの中身はこれだったのかと気づく。


『お料理は全部食べられましたか?』


『おかげさまで完食できました』


『それはよかったです』


『あっという間でした』


『そうですよね』


ほんの数分で、
髪は三つ編みにされ、
さらにおだんごにまとめられた。


『お疲れ様でした』


『ありがとうございました』


『では、お荷物のご確認をお願いいたします』


髪をまとめてもらっている最中、
あたしが着ていたドレスは綺麗に収納されていた。

目の前には、搬入したドレス類が並べてあった。
持ってきたもの一つ一つを確認し、チェックしていく。


『それでは以上になります。
よろしければ、サインをお願いいたします』


『旧姓のほうがいいですか?』


『どちらでも大丈夫ですよ』


そして荷物の状況表のようなものに、新性でサインをした。


『ありがとうございました。
それではお荷物お持ちしますね』









トップページ(目次)にはこちらからどうぞ

バナー2.png



子育て中心ですが、メインブログはこちらです

バナー.png



ダッフィー風着ぐるみやシェリーメイ風抱っこひも用ケープ等、子供用のコスチューム衣装等のハンドメイド作品の作り方はこちらで公開しています

bana.jpg

この記事へのトラックバック